【マネー】X【 ビジョン】の戦略パートナー|横浜市青葉区 たまプラーザ、あざみ野、港北ニュータウンを拠点にサービスを提供しています。クラウドを活用した効率化も得意。

消費税の増税前に買った方がお得ですよね?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

(Vol. 732/1000)

 

お盆過ぎから、
消費税に関する記事を
目にすることが増えました。

 

このブログでも
いくつか書きました。

消費税増税で「値下げ」 本当にお得感は出るのか?

 

前回の消費税の増税(5%→8%)
時に、増税前の駆け込み需要が
ありました。

 

実際に担当していたお客さんで
如実に駆け込み需要があった
ケースも散見されました。
(そして、翌月以降は
売上が落ち込むわけですが)

 

まあ買う方からしたら、
「安く買えるなら増税前に買いたい」
という心理は理解できます。

 

というわけで、今回の増税でも
一定の駆け込み需要は
あるんでしょうね。

 

さて、そういう流れもあってか、
最近こんな質問を受けました。

 

 

PC買うなら、消費税の増税前がいいですよね?

 

趣旨としては、
「消費税の増税前に安く買った方が
お得ですよね」
ということでしょう。

 

でも、この会社さん、
消費税は原則方式の課税事業者でした。

 

なので、
この会社の消費税計算は、
基本的に以下の通りです。

 

預かった消費税 - 支払った消費税 = 納付する消費税

 

支払った消費税は、
預かった消費税と相殺される
ことになります。

 

つまり、消費税率が
8%であれ、10%であれ、
預かった消費税から差し引かれる
(「仕入税額控除」と言います)ため、
損得は発生しません。

 

消費税は、BS上で処理されるので
損益には影響がありませんからね。

 

消費税の増税で損得が発生するのは、
消費税の免税事業者か、
簡易課税方式の課税事業者です。
消費税を税込方式で
記帳するような事業者です。

 

これらの事業者は、
一般の消費者と同じで
増税の影響を受けることになります。

 

このようにその事業者の
消費税の状況に応じて、
その影響が変わります。

 

なお、増税の影響があるとしても、
慎重に判断することを
おススメします。

 

前回の増税時、
駆け込み需要の後に
売上減があったため、
特別セールがおこなわれる
ケースもありました。

 

結果的に、
増税後に買った方が
むしろ安いなんてこともあったり。

 

また、そもそも
増税前に買うと
「いくらお得なのか」
を知っておくといいですよ。

 

たとえば、
10万円の買い物を
したとして、
増税の影響は2,000円
(10%10,000円、8%8,000円)
です。

 

この金額を
どう考えるかは、
その事業者によりますね。

 

一番大事なのは、
本当に必要なもの以外
ムードに流されて
買わないことだと思います。

 

消費税が安くなるより、
無駄なものを買って
キャッシュがなくなるほうが、
はるかにダメージが大きいですから。

 

 

本日も最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。

税理士 / キャッシュフローコーチ
齋藤泰行(さいとうやすゆき)
URL   :https://saito-tax.com/
メール:info@saito-tax.com

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© サイトウヤスユキ税理士事務所 , 2019 All Rights Reserved.