【マネー】X【 ビジョン】の戦略パートナー|横浜市青葉区 たまプラーザ、あざみ野、港北ニュータウンを拠点にサービスを提供しています。クラウドを活用した効率化も得意。

消費税増税で「値下げ」 本当にお得感は出るのか?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

(Vol. 727/730)

 

今週は消費税の記事を
書いていますが、
今日も消費税の話題で。

「うちは食品扱ってないから、軽減税率って関係ないよね?」

 

ネットでこんな記事を
見かけました。

 

外食チェーン、値下げ続々 消費税増税で客離れ懸念

10月の消費税率引き上げで客足が遠のくことを懸念する外食チェーンでは、増税の前に一部のメニューを値下げするなどの動きが広がっています。

長崎ちゃんぽん専門店「リンガーハット」は今月から370円のランチセットを投入したほか、主力のちゃんぽんと餃子のセットも10円値下げしてランチタイムには690円で提供します。

また、ラーメンチェーン「幸楽苑」も4月から500円の「餃子定食」を展開していて、ほかにもラーメンの一部を値下げするなど価格改定を進めています。増税の前から消費者の節約志向に応え、“お得感”のある価格を打ち出して増税後の客離れを防ぎたい考えです。

 

増税するので値下げする
というのはどうなんでしょうか。

 

でも、飲食チェーンで
一般の消費者がメインならば、
消費税の増税部分は
負担増になるので
「お得感」を演出するのは
仕方ない面もあるのかも
しれませんね。

 

とはいえ、
1,000円のものを注文した
として増税部分は「20円」。
客足が遠のくほどの
負担増なのかと言われると
疑問も残ります。

 

本質的に消費税は
「預り金」です。

 

ですから、この増税により、
自分の利益を減らすというのは
何だかちがうような気がします。

 

できることならば、
税金に負けないような
商品を提供して、
当たり前のように
増税部分をとれるように
なりたいものですね。

 

「お得感」ではなく、
「お得」な商品になるように
価値を高めたい。

 

また、個人経営や中小企業規模ならば、
キャッシュレスのポイント還元などの
国の制度をうまく活用したいですね。

消費税増税 ポイント還元登録申請はお早めに

 

今のところ、あと1ヶ月もすれば、
増税がはじまることに
なるでしょう。

 

どうせなら、
なるべく早めに着手をして
万全の状態で
その日を迎えたいところ。
どのみち前準備は必要ですからね。

 

本日も最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。

税理士 / キャッシュフローコーチ
齋藤泰行(さいとうやすゆき)
URL   :https://saito-tax.com/
メール:info@saito-tax.com

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© サイトウヤスユキ税理士事務所 , 2019 All Rights Reserved.