【マネー】X【 ビジョン】の戦略パートナー|横浜市青葉区 たまプラーザ、あざみ野、港北ニュータウンを拠点にサービスを提供しています。クラウドを活用した効率化も得意。

「計画」を立てていますか?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

(Vol. 669/730)

 

7月になりました。
2019年も半分が過ぎましたね。

 

今年は年号の変更など
いろいろありましたが、
みなさんはいかが
でしたでしょうか?

 

こういう質問すると、
返答は大きく2通りあります。

 

1つは、「まあまあ」とか
「ぼちぼち」みたいに
ぼんやりとしたもの。

 

もう1つは、
「○○ができた」とか
「売上○○%アップ」みたいに
具体的なもの。

 

もちろん、相手との関係性や
話している時の雰囲気などにより、
返答の内容は変わってくる
と思います。

 

ですが、個人的には、
これらの2つの回答の差は、

「計画」があるかないか 、
そして、定期的に「振り返り」
を行っているかどうか、

の差ではないかと思います。

 

前者のような返答する方は、
目標や経営数字のことは
決算のタイミングでしか
把握できないことが
多いように思います。

 

なので、それ以外の
タイミングで聞かれても、
返答のように感覚的で
ぼんやりとしか
答えることができません。

 

後者のような返答をする方は、
「計画」や「目標」
があると思います。

 

そして、月に一度、
定期的に進捗具合を
振り返る機会を
設けていることが多い。

 

そうすることで

・「できたこと」「できなかったこと」がはっきりわかる

・できたなら、どれくらいの数値か、さらに向上するにはどうすればいいか

・できないのなら、どうしてできなかったのか、どうすればできるようになるのか

さらによくなるための改善策を
模索することができます。

 

「計画があるとないでは
どちらが成果が出るか?」
と問われれば、
答えは明らかだと思います。

 

では、
どうしてやらないのか?

 

わざわざ、計画を立てる時間や
振り返る時間を確保
しなければいけません。

 

自分でやるには、
これがめんどくさいからです。

 

ところが、
職業柄いろんな会社を
見ていますが、
良い会社はこういう時間を
きっちりと取っています。

 

ビジョン達成へのプロセスとして
欠かすことができない時間
という位置づけなのです。

 

今日は7月1日。
1年のちょうど真ん中ですし、
3月決算なら第1四半期が
終わったタイミング。
タイミング的には
何かを始めるには
ちょうどいい日でしょう。

 

まずは、
完璧ではなくていいので
向こう3ヶ月や6ヶ月の計画を立てて、
それに沿って実行してみては
いかがでしょうか?

 

そして、
それを毎月一回、
定期的に振り返ってみてください。

 

きちんと実行すれば、
何かしら新しい気づきは
あるのではないかと思います。

 

もし「まったく効果なし」
ということであれば、
やめてしまえばいいだけですから。

脱・完璧主義で
やってみては
いかがでしょうか?

 

 

本日も最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。

 

税理士 / キャッシュフローコーチ
齋藤泰行(さいとうやすゆき)
URL   :https://saito-tax.com/
メール:info@saito-tax.com

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© サイトウヤスユキ税理士事務所 , 2019 All Rights Reserved.