【マネー】X【 ビジョン】の戦略パートナー|横浜市青葉区 たまプラーザ、あざみ野、港北ニュータウンを拠点にサービスを提供しています。クラウドを活用した効率化も得意。

トップは目指さない

 

この記事を書いている人 - WRITER -

(Vol. 846/1000)

 

 

「ポテトチップスと言えば?」
と聞かれたら、
なんと答えますか?

 

「カルビー」
と答える人が多いのでは
ないでしょうか。

 

「カルビー」が
ポテトチップス業界の
リーディングカンパニー
ですからね。

 

ところが、
個性的な商品群で
存在感を発揮している
会社があります。

 

業界第2位の
「湖池屋」です。

 

PRIDE POTATOや
PURE POTATOといった
個性的なポテトチップスを
開発して大ヒット。
年間売上も史上最高を
更新と絶好調です。

 

でも、数年前まで業績は
大きく低迷してしました。

 

なぜ、「湖池屋」は
低迷していたのでしょうか?

 

それは、業界首位の「カルビー」
のことばかりを気にして、
湖池屋らしさを
見失っていたからです。

 

業界の万年二番手、
カルビーの後追いばかりで、
特徴がなかったわけです。

 

結果として、
顧客からは選ばれず、
「カルビー」との差は
開くばかり。

 

そこで原点に立ち返り、
「カルビー」を意識しないで、
ものづくりへのこだわりを
追及する方向性で
進むことになりました。

 

そうして生まれたのが
PRIDE POTATOです。

 

どこにもない
湖池屋しか作れない
商品を生み出し、
「存在感のある二番手」
となりました。

 

トップは目指さずに
湖池屋らしさを
ひたすら追及することで
業績が上がり続けているのです。

 

「あり方」をしっかりと
定めることで
突破口が開けました。

 

結果が出ないとき、
いろいろな情報を取り入れて
迷走してしまう。

 

そういうことは、
ままあるのではないでしょうか。

 

リーディングカンパニーを
マネするだけでは
その会社を越えることはできません。

 

やるべきは、後追いではなく、
「あり方」の深堀りです。
時には、立ち止まって
考えることも必要ですね。

 

また、湖池屋は
「アイデアをアタマごなしに
否定しないこと」を
大事にしていると言います。

 

つまり、「安心・安全・ポジティブな場」
を大事にしているわけです。
やはり、成果を出すには
「場」の力が重要なんですよね。

湖池屋の経営スタイルは
多くの企業の参考になる
のではないでしょうか?

 

本日も最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。

 

税理士 / キャッシュフローコーチ
齋藤泰行(さいとうやすゆき)
URL   :https://saito-tax.com/
メール:info@saito-tax.com

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© サイトウヤスユキ税理士事務所 , 2019 All Rights Reserved.