【マネー】X【 ビジョン】の戦略パートナー|横浜市青葉区 たまプラーザ、あざみ野、港北ニュータウンを拠点にサービスを提供しています。クラウドを活用した効率化も得意。

経営の「台風」情報は、だれも教えてくれない

 

この記事を書いている人 - WRITER -

(Vol. 398/500)
また台風がきます。

 

週末は台風

今週末に台風25号が
日本に上陸する見込みです。

 

なんだか週末になると、
台風ですね。。。

 

とりわけ、
今週は3連休なので、
いろいろなところに
影響が及びそうです。

 

また、先週の台風は
かなり強力だったので、
また強い台風が来ると
2次被害が心配でもあります。

 

台風は事前に知ることができる

とはいえ、
台風は天気予報などで
あらかじめ、来ることが
予測されています。

 

だから、
それに備えて準備を
整えることができます。

 

予定を変更したり、
代替案を検討したり、
万が一に備えたり、
いろいろと手は打てます。

 

要するに、
やるか、やらないか、
で結果は変わるわけです。

 

事業運営では、、、

事業運営においても
同じことが言えます。

 

経営にとって
脅威となるような事態は
好む、好まざるにかかわらず
それに遭遇する可能性は
あるからです。

 

ただ、台風とは、
大きな違いがあります。

 

それは、

いつ来るか?
どれくらいの大きさか?
どれほどの影響があるか?
など

だれも教えてくれず、
経営者自身が自分で
気づかなれければ
いけない点です。

 

経営にとっての
「台風」は、

お金にまつわること
人にまつわること
売上にまつわること

会社のステージにより
いろんな要素がある
と思います。

 

兆候を見逃さず対策を打つ

重要なのは、
危機の兆候を見逃さず
気づいた時点で
対策を打つ必要が
ある点です。

 

 

先日、書いた
「1:29:300の法則」
の話ですね。

 

 

これらの対策は、

経営者自身で
取り組んでもいいですし、

信頼できる経営幹部とともに
取り組んでもいいですし、

社外のパートナーと
取り組んでもいいでしょう。

 

 

いちばんはやく成果が出て、
いちばん確実に目的を
遂行できるアプローチで
取り組んでみては
いかがでしょうか?

 

 

繰り返しとなりますが、
大事なのは、

兆候を見逃さず
対策を打つこと

です。

 

 

本日も最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。

 

 

税理士 / キャッシュフローコーチ
齋藤泰行(さいとうやすゆき)
URL :https://saito-tax.com/
メール:info@saito-tax.com

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© サイトウヤスユキ税理士事務所 , 2018 All Rights Reserved.