【マネー】X【 ビジョン】の戦略パートナー|横浜市青葉区 たまプラーザ、あざみ野、港北ニュータウンを拠点にサービスを提供しています。クラウドを活用した効率化も得意。

SOCATA 味のわからないジュースを売るにはどうすればいいか?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

(Vol. 743/1000)

 

先日、自販機で
こんな商品が目に入りました。

 

 

ファンタのSOCATA味です。

 

そもそも「SOCATA」って
なんでしょうか?

 

商品横のポップによると、

・自販機限定の商品であること

・ルーマニア発祥であること

・世界で9億本売れたフレーバーであること

・日本初上陸であること

がわかります。

 

もともと缶コーヒーを
買いにきたのですが、
この商品が目に留まって
しまったわけですね。

 

そうしたら、
やっぱり買っちゃいますよね。

 

ここで重要なこと、
それはSOCATAが
どんな味かもわからないのに、
商品が売れているということ。

 

まあ、1本120円ですけど、
コーヒーを押しのけて
売れてしまうわけです。

 

ここに売上UPのポイントが
詰まっています。

 

限定性 → 自販機でしか買えない

9億本売れている → かなりヒットしていると期待感を煽る

日本初上陸 → 好奇心に訴えかける

 

小さなポップで
この商品の価値を
しっかりと伝えているからこそ、
売れているのでしょうね。

 

やはり、
「価値を伝える」ことは
売上アップのために
欠かせないポイントですね。

粗利率を上げるには? 「価値を○○○」

 

ちなみに、SOCATA味は、
レモンのような柑橘系の
さっぱりした味で
まずまず美味しかったですよ。
気になる方は、自販機で
見かけたらお試しを。

 

本日も最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。

 

税理士 / キャッシュフローコーチ
齋藤泰行(さいとうやすゆき)
URL   :https://saito-tax.com/
メール:info@saito-tax.com

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© サイトウヤスユキ税理士事務所 , 2019 All Rights Reserved.