【マネー】X【 ビジョン】の戦略パートナー|横浜市青葉区 たまプラーザ、あざみ野、港北ニュータウンを拠点にサービスを提供しています。クラウドを活用した効率化も得意。

「そこの信金さん行ったら、ぴゃっぴゃっとお金貸してくれるで」

 

この記事を書いている人 - WRITER -

(Vol. 811/1000)

 

朝ドラ「スカーレット」で
興味深いシーンがありました。

 

主人公喜美子が勤める
丸熊陶業の社長さんと
娘婿のやり取りです。

 

娘婿は、旅館の三男で
会計事務所に勤めていたため、
経営数値に詳しい
という設定です。

 

娘婿は、決算を
振り返って社長さんに

事業計画をしっかりとつくり、融資に受けましょう。

と提案をしました。

 

ところが、
社長の返答は

 

そんなん、あれやで。そこの信金さんに行って、
丸熊陶業と言えば、ぴゃっぴゃっと貸してくれるで。

でした。

 

1年前のNHK大阪制作の
朝ドラ「まんぷく」も
ほぼ同じ時代が舞台ですが、
「なべ底不況」で大変な
事態になりました。

 

このやり取りは、
あとでお金に困りそうな
匂いがプンプンしますね。
どうなることか?

 

さて、丸熊陶業の社長さん、
間違いなく会社経営は
「どんぶり経営」と言えます。

 

経営のお話も
番頭さんにお任せで、
経営数値もほとんど
把握していません。

 

もちろん、
時代背景もありますし、
地元の盟主ですし、
そういう感覚でも融資を
受けられたのかもしれません。

 

けれど、話の流れ的には
どこかでお金に困りそうな
雰囲気です。

 

会計事務所にいた娘婿が
事業計画の作成を
進言したからには、
なんらか財務諸表が
痛んでいたのでしょう。

 

つまり、この社長さんは、
会社のお金の流れが
まったくわかっていないのです。
経営数値の根拠がある
経営判断を行なえていない。

 

これまでの貯金である程度は
なんとかなるかもしれませんが、
ずっとそのままでは
いつか破綻することでしょう。

 

 

もしも、経営者のあなたも

お金がなくなったら、銀行に行ってぴゃっぴゃっと借りる

 

と思っている場合、
お金のブロックパズルで
キャッシュフローを
しっかりと理解しましょうね。

 

お金のブロックパズルってなに?(その5 まとめ編)

 

本日も最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。

税理士 / キャッシュフローコーチ
齋藤泰行(さいとうやすゆき)
URL   :https://saito-tax.com/
メール:info@saito-tax.com

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© サイトウヤスユキ税理士事務所 , 2019 All Rights Reserved.