【マネー】X【 ビジョン】の戦略パートナー|横浜市青葉区 たまプラーザ、あざみ野、港北ニュータウンを拠点にサービスを提供しています。クラウドを活用した効率化も得意。

Pay Pay祭り この感じは何かに似ている

 

この記事を書いている人 - WRITER -

(Vol.463/500)

 

ソフトバンクとヤフーが
出資した決済サイト、
Pay Payが話題になっています。

 

Pay Payのキャンペーン

どうして話題になったのかと言えば、
100億円ポイントバックキャンペーンですね。

 

12月4日からはじまった
このキャンペーン、
Pay Payで買い物すると
無条件で20%分のPay Payのポイントが
バックされます。
(ポイントバックの上限は5万円)

 

その上、
1/40の確率で
購入額が全額バックされます。
(上限10万円)

 

また、ヤフーや
ソフトバンクユーザーなら、
条件次第で当選確率は
1/10まであがります。

 

今回のキャンペーンがはじまる前に
大手の家電量販店が導入したことで、
普段安くならないアイテムが
実質的に割引価格で買えるため、
一気に注目を集めました。

 

かくいう私も、
以前から購入しようと
思っていたアイテムがあり、
これを機にPay Payで購入。

 

残念ながら、
全額バックはハズレましたが、
20%バックは受けられました。

 

 

いらないものまで物色しはじめる

お目当てのアイテムを購入したので
目的は達成ですが、
せっかく20%バックで買えるからと
他の売り場も物色しはじめます。

 

そうすると、
普段は買わないような物を
手に取って購入を検討します。

 

そして、
「20%バックなら買ってもいいかな」
とか思いはじめます。

 

ふと、
「この感じ、何かに似てるなあ」
と思いました。

 

 

決算前に「節税」という名目で、
いろいろなものを物色する方が
いらっしゃいます。

 

確かに経費が増えると
利益が圧縮されるので、
税金はその分だけ安くなります。

 

けれど、
お金の支出が伴うので、
手元のお金は少なくなります。

 

だから、
あまり必要でないものを購入した場合、
「節税」ではなく、
ただお金を無駄づかいして
手元のお金をなくしただけ、
ということになります。

 

翻って、
Pay Payで20%バックの件。

 

普段なら買わないようなものを
購入した場合、
どれだけ使うかは微妙です。

 

その場合、
購入額の20%分のバックは
受けられるので
「お得」な気もします。

 

けれど、
よくよく考えると、
本来必要ないものならば
単なるお金の無駄づかいです。

 

むすび

「節税」も「Pay Pay」も
構造は同じです。

 

どちらも必要なものに
お金を使うのならば、
「お得」ですし意味があります。

 

けれど、
あまり必要ないものならば、
お金の無駄づかいです。

 

「お得感」に騙されず、
必要なものかどうかという視点を
忘れずにいたいものですね。

 

 

本日も最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。

税理士 / キャッシュフローコーチ
齋藤泰行(さいとうやすゆき)
URL   :https://saito-tax.com/
メール:info@saito-tax.com

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© サイトウヤスユキ税理士事務所 , 2018 All Rights Reserved.