【マネー】X【 ビジョン】の戦略パートナー|横浜市青葉区 たまプラーザ、あざみ野、港北ニュータウンを拠点にサービスを提供しています。クラウドを活用した効率化も得意。

金融機関が見る融資審査のポイント(その4) カネ(PL 利益)にまつわる着眼点

 

この記事を書いている人 - WRITER -

(Vol. 700/730)

 

昨日は、定量情報のうち
PL売上高の着眼点について
書きました。

金融機関が見る融資審査のポイント(その3) カネ(PL売上)にまつわる着眼点

 

本日は、定量情報のうち
PLの利益についての着眼点です。

 

〇小規模企業は「儲かる体質」への転換が遅れている

〇企業にとっては維持・発展の原動力であり、金融機関にとっては主たる返済財源である

〇利益だけでなく資金繰りにも注目
→「利益+減価償却費」で計算されるキャッシュフローが返済財源として重要

 

【知りたいポイント】
〇赤字の場合は、その理由と今後の方針
→経営者としての考えを聞きたい

 

先日、元銀行員さんの研修の記事
でも書きましたが、
定量情報のうち利益は重要ですね。

金融機関の視点を知れば対策も打てます

 

このブログで何度も触れている
「利益+減価償却費」の
キャッシュフローは返済の源泉ですから、
とりわけ注目されるポイントですね。

 

また、赤字の場合、
「どう黒字にするか?」の改善計画は
大事なポイントとなります。

 

〇現状分析ができているか?
 ・何が課題なのか?
 ・これまでに実行した対策とその効果

〇収益改善にどう取り組むか?
 ・売上を上げるにどうするか?
 ・経費を削減するにはどうするか?
 ・改善策の実現可能性?(できれば、第三者の助言を受ける)
 ・取組期間の資金手当はどうか?

〇改善策に取り組んだ効果は?
 ・目標通りの成果はあがったか?
 ・うまくいかなければ、その理由は何か?

 

いわゆる、
PDCAやPlan→Do→Seeを
回していくということです。

 

そして、
いちばん重要なことは
「早期着手」でしょう。

 

「V字回復」や「大逆転」は
普通、むずかしいものです。

 

でも「小幅改善」を積み上げれば、
復活のきっかけとなる
かもしれませんし、
「二の矢」「三の矢」を
放つこともできるでしょう。

 

また、改善の見通しに
説得力があれば、
赤字でも融資の可能性は
残されています。

 

利益の着眼点は
とりわけ重要ですから、
しっかりと対策を講じましょう。

 

次回は、定量情報のBS
について見ていきます。

 

本日も最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。

税理士 / キャッシュフローコーチ
齋藤泰行(さいとうやすゆき)
URL   :https://saito-tax.com/
メール:info@saito-tax.com

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© サイトウヤスユキ税理士事務所 , 2019 All Rights Reserved.