【マネー】X【 ビジョン】の戦略パートナー|横浜市青葉区 たまプラーザ、あざみ野、港北ニュータウンを拠点にサービスを提供しています。クラウドを活用した効率化も得意。

金融機関の視点を知れば対策も打てます

 

この記事を書いている人 - WRITER -

(Vol. 693/730)

 

昨日は、
キャッシュフローコーチ協会の
横浜勉強会に参加しました。

 

金融機関がテーマで元銀行員の
キャッシュフローコーチが講師。

 

銀行の内情の話・考え方・思考など
いろいろなオフレコ話を
聞くことができました。

 

「なるほど、あの行動は
そういう意味だったのか!」

 

という気づきもあり、
大変勉強になりました。

 

さて、
昨日の勉強会を通して感じたこと。

 

それは、
「全部とは言わないでも、
大枠でも相手のことがわかっていると
対策が打てる」
ということです。

 

たとえば、
債務償還年数の考え方は
知っておいて損はありません。

 

債務償還年数とは、
「債務は何年で返済できるのか」
という考え方です。

 

計算方法は、
いろいろとありますが、
簡便的には

借入金 ÷(税引後利益+減価償却費)

で計算します。

 

区分の目安としては、

債務償還年数 

15年以内・・・正常先 → 借りて欲しい

15年~30年・・・要注意先 → 貸してあげてもいい

30年以上・・・破綻懸念先 → 貸したら責任問題⁉

 

償還年数を短くするには
「節税<利益」
のマインドがないと
いけないわけです。

 

いま自社がどういう区分にあるか?
を意識すると、
金融機関とうまくおつきあい
できるかもしれませんね。

 

この辺りの経営数値は、
お金のブロックパズルで
わかりやすく把握できますよ。

 

 

 

詳しく知りたい方は
こちらをどうぞ。

お金のブロックパズルってなに?(その5 まとめ編)

 

 

「彼を知り己を知れば百戦殆からず」
ですね。

 

本日も最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。

税理士 / キャッシュフローコーチ
齋藤泰行(さいとうやすゆき)
URL   :https://saito-tax.com/
メール:info@saito-tax.com

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© サイトウヤスユキ税理士事務所 , 2019 All Rights Reserved.