【マネー】X【 ビジョン】の戦略パートナー|横浜市青葉区 たまプラーザ、あざみ野、港北ニュータウンを拠点にサービスを提供しています。クラウドを活用した効率化も得意。

金融機関が見る融資審査のポイント(その6) カネ(その他)にまつわる着眼点

 

この記事を書いている人 - WRITER -

(Vol. 704/730)

 

前回は、定量情報のうち
BSの自己資本についての
着眼点を書きました。

金融機関が見る融資審査のポイント(その5) カネ(BS 自己資本)にまつわる着眼点

 

本日は、定量情報のうち
その他のBS項目についての
着眼点です。

 

まずは、借入金です。

 

〇継続的に借入できるあいだは企業は存続可能
→今後も継続的に借入可能かに着目

 

〇借入金の総額が過大ではないか
→返済しなければいけない借入金を把握
→借入金が過大かどうかを判断する尺度(借入金回転期間、債務償還年数)

 

【知りたいポイント】

〇借入金残高の内訳(借入先、借入時期、借入金額、返済条件など)
→メインバンクはどこか
→「返済金>返済財源」ならば、継続的に融資を受けないと資金繰りが破綻

 

〇売上同様、試算表未作成でも決算後の借入状況を把握したい

 

ここは重要ですね。

 

とくに金融機関は「他行の動向」
を非常に気にします。
このあたりはしっかりと
整理してまとめておく
必要がありますね。

 

つぎは、貸付金、仮払金です。

 

〇費用計上のない資金の支出であり、キャッシュフローや自己資本が悪化していないか

 

〇BS上の雑勘定(とくに代表者向けの貸付金・仮払金)がある場合は要チェック

 

【知りたいポイント】

〇支出の相手方・時期・理由、将来的な解消の見通し

 

これらの勘定も気にします。

 

とくに金額が大きい場合、
特別な理由がない限り、
残高として残さない方が
無難でしょうね。

 

次回はその他の留意点
をまとめます。

 

本日も最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。

 

税理士 / キャッシュフローコーチ
齋藤泰行(さいとうやすゆき)
URL   :https://saito-tax.com/
メール:info@saito-tax.com

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© サイトウヤスユキ税理士事務所 , 2019 All Rights Reserved.