【マネー】X【 ビジョン】の戦略パートナー|横浜市青葉区 たまプラーザ、あざみ野、港北ニュータウンを拠点にサービスを提供しています。クラウドを活用した効率化も得意。

「うちは食品扱ってないから、軽減税率って関係ないよね?」

 

この記事を書いている人 - WRITER -

(Vol. 722/730)

 

もうすぐ消費税が
増税となります。

 

2019年10月1日以降、
消費税の税率は
8%から10%に変わります。

 

今回の改正の特徴は、
軽減税率制度が
導入されることです。

 

消費税 軽減税率制度とは?

消費税の軽減税率制度 こまかな取り扱い(前編) 

消費税の軽減税率制度 こまかな取り扱い(後編)

 

 

簡単に言えば、
食料品など一定のものは、
消費税が8%に据え置かれる
という制度ですね。

 

すると、ご商売で
食料品を扱わないお客様から
こんな質問を受けました。

 

「うちは軽減税率は関係ないよね?」

 

ところが、これ
無関係というわけでも
ないんですよね。

 

どういうことか?

 

消費税の原則課税の場合、
仕入税額控除を受けている
と思います。

 

そのなかに軽減税率のもの、
たとえば、手土産のお菓子、
会議のお弁当、
コーヒー・お茶などがある場合、
通常税率(10%)と
軽減税率(8%)で区分して
管理する必要があります。

 

また、税率10%分と8%分が
区分して記載されている
領収書やレシートを保存する
必要もあります。

 

というわけで、
面倒ですが、
10月以降は経費についても
多くの事業者で
注意が必要となります。

 

あと、そもそものお話ですが、
ご使用の会計ソフトが
10%増税に対応しているか、
確認しておく必要はありますね。

 
あと1ヶ月くらいしか
時間がありませんので、
早めに取り扱いなどは
一通り確認しておきましょうね。

 

 

本日も最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。

税理士 / キャッシュフローコーチ
齋藤泰行(さいとうやすゆき)
URL   :https://saito-tax.com/
メール:info@saito-tax.com

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© サイトウヤスユキ税理士事務所 , 2019 All Rights Reserved.