【マネー】X【 ビジョン】の戦略パートナー|横浜市青葉区 たまプラーザ、あざみ野、港北ニュータウンを拠点にサービスを提供しています。クラウドを活用した効率化も得意。

お金のブロックパズルってなに?(その2 粗利~利益編)

 

この記事を書いている人 - WRITER -

(Vol.442/500)

 

お金のブロックパズル、
前回は、
変動費まで見ました。

 

今回はその先を見ていきます。

 

 

粗利のブロック

売上から変動費を
差し引いたものを
粗利と言います。

 

 

 

売上100から変動費20
控除するので
粗利は80ですね。

 

粗利は重要ですよ。

 

粗利は、言わば、
純然たる儲け

 

この粗利で事業に必要な
支出をまか
なったうえで
利益を出さなければ
いけませんからね。

 

粗利、
多く確保できるに
越したことはないですよね?

 

注意
「粗利」は、正確に言えば「限界利益」ですが、話をシンプルにするため、お金のブロックパズルでは「粗利」と表現しています。

 

 

固定費、利益のブロック

さて、その粗利から
固定費が支払われます。

 

 

そして、
粗利から固定費を
差し引いた額が利益です。

 

 

粗利80から固定費70を
控除して利益は10ですね。

 

また、固定費は大きく2つに
区分する
ことができます。

 

ひとつは、固定費の半分くらいを
占める費用ですが
どんな費用でしょうか?

 

 

 

それは、
人件費ですね。

 

給与をはじめとして
役員報酬、社会保険料等が
人件費に該当します。

 

固定費のうち
人件費以外の費用は
その他の費用として
まとめて差し支えありません。

 

その他の費用とは、
たとえば、家賃、広告宣伝費、
水道光熱費、消耗品費などですね。

 

 

今回は、
人件費40、その他30
固定費の合計は70です。

 

 

利益の構造を見える化  STRAC表

ここまでで売上から
利益までの構造が
見える化できました。

 

この表のことを
STRAC表と呼びます。

 

STRAC表は利益構造を
分析できる
ツールですね。

 

では、
STRAC表の利益は、
そのまま手元に残るんでしょうか?

 

 

どうやら、
そうは
いかないようですが、
続きは次回以降で見ていきますね。

 

 

本日も最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。

 

税理士 / キャッシュフローコーチ
齋藤泰行(さいとうやすゆき)
URL   :https://saito-tax.com/
メール:info@saito-tax.com

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© サイトウヤスユキ税理士事務所 , 2018 All Rights Reserved.