【マネー】X【 ビジョン】の戦略パートナー|横浜市青葉区 たまプラーザ、あざみ野、港北ニュータウンを拠点にサービスを提供しています。クラウドを活用した効率化も得意。

「ふるさと納税」は「寄附金」です!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

(Vol.550/607)

 

ふるさと納税について
質問を受けることがあります。

 

「ふるさと納税」と呼ばれて
いますが、その実態は「寄附金」です。

 

この名称がわかりにくさの
一因となっているようです。

 

ワンストップ特例制度を利用すれば、
手続きはシンプルです。

 

限度額内の寄附ならば、
寄附金から2,000円を引いた額が
住民税から控除されます。

 

たとえば、3万円の寄附金ならば
28,000円が住民税から
控除されるわけです。

 

これはわかりやすいですね。

 

ところが、確定申告をする場合、
ふるさと納税の控除額の確認は
ややめんどうです。

 

控除が所得税と住民税に
またがるからです。

 

どういうことか?

 

ひとつには控除の形が
異なるから。

 

・所得税 → 所得控除

・住民税 → 税額控除

 

もうひとつは
控除の時期が異なるから。

 

・所得税 → 3月(確定申告)

・住民税 → 5月〜6月(住民税決定通知)

 

簡単な例示をあげて説明します。

<前提>
・所得税率 10%
・ふるさと納税 30,000円
・寄附は控除限度額内である
・復興所得税は考慮しません

 

<所得税(3月)>
所得税から控除される税額
(30,000 – 2,000)x 10% = 2,800円

 

<住民税(5月〜6月)>
住民税(県民税+市民税)
から
控除される税額
(30,000 – 2,000)− 2,800 = 25,200

 

<合計控除額>
所得税  2,800円
住民税 25,200円
合計  28,000円

 

というわけで確定申告の場合、
住民税の通知が来るまで
正しく計算されているかは
確認がとれません。

 

確定申告を作成した時点で
「あれ、なんか還付少ない?」
と思われる方がいらっしゃいます。

 

けれど、前述の通り、
間違いではありません。

 

住民税決定通知が届いたら
残りの控除がされているか
しっかり確認しましょう。

 

もし、控除がされていない場合は
市役所や区役所に確認してみましょう。

 

本日も最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。

 

税理士 / キャッシュフローコーチ
齋藤泰行(さいとうやすゆき)
URL   :https://saito-tax.com/
メール:info@saito-tax.com

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© サイトウヤスユキ税理士事務所 , 2019 All Rights Reserved.