【マネー】X【 ビジョン】の戦略パートナー|横浜市青葉区 たまプラーザ、あざみ野、港北ニュータウンを拠点にサービスを提供しています。クラウドを活用した効率化も得意。

【Excel エクセル】桁区切り、日付表示、%表示のショートカットキー

 

この記事を書いている人 - WRITER -

横浜市青葉区の税理士 斎藤です。

先日、「セルの書式設定」のダイアログボックスを表示するショートカットキー をご案内しましたが、「セルの書式設定」でおこなう作業にもショートカットキーが設定されています。今回はよく使う次のものをご紹介します。


桁区切り表示にする

数値3桁ごとにカンマが入ります。

ショートカットキー(操作)

CTRL+SHIFT + 1(!)

解説

数値は、何もしないと入力したまま表示されます。

通常、桁が増える場合は、3桁ごとにカンマを入れるとわかりやすくなります。

 

日付表示(yyyy-mm-dd)にする

日付を西暦表示にします。

ショートカットキー(操作)

CTRL+SHIFT + 3

解説

日付は、たとえば「7/21」と入力すると、初期設定では「7月21日」と表示されます。

表示形式はいろいろありますが、比較的に用いられることが多い西暦表示ならば、このショートカットキーで対応できます。

それ以外の表示をしたい場合は、通常通り、「セルの書式設定」のダイアログボックスから設定します。

 

%表示にする

数値を%で表示にします。

ショートカットキー(操作)

CTRL+SHIFT + 5

解説

割合を計算すると、通常は小数で表示されます。

割合を示す場合、小数よりも%表示にした方が資料としてはわかりやすくなります。

 

(参考)書式をクリアする

設定した書式を元に戻したい場合のショートカットキーです。

ショートカットキー(操作)

CTRL+SHIFT + ^

 

むすび

今回はセルの表示に関するショートカットキーを見ました。

資料を作成する時には、比較的よく使うものだと思います。「CTRL+1」でダイアログボックスを表示→書式を設定、という流れに比べるとかなり効率的です。

ひとつひとつは小さな差かもしれませんが、塵も積もれば山となる、です。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© サイトウヤスユキ税理士事務所 , 2017 All Rights Reserved.