【マネー】X【 ビジョン】の戦略パートナー|横浜市青葉区 たまプラーザ、あざみ野、港北ニュータウンを拠点にサービスを提供しています。クラウドを活用した効率化も得意。

覚悟をもった姿勢は伝わります

 

この記事を書いている人 - WRITER -

(Vol. 690/730)

 

先日、
雨上がり決死隊の宮迫さん
ロンドンブーツ1号2号の亮さん
の会見がおこなわれました。

 

会見では彼らが経験したこと・
感じたことを率直に
話していた印象を受けました。

 

すべてを包み隠さず話すという
覚悟をもった姿勢は
伝わるものがありますね。

 

あれだけの長丁場で
わかりやすく内容を伝える
トーク力もあったと思いますが。

 

(それに比べて、吉本の
社長さんの会見は言い訳がましく、
何をしたかったのか、、、)

 

さて、
会見の内容で
印象的だったのは、
会社の上層部の対応です。

 

昨年のNHKの朝ドラ
「わろてんか」は
吉本興業がモデルでした。
そこで描かれていたのは
家族的な会社のあり方。

 

会見中も「家族」
という言葉が出てきましたが、
会社の対応は「家族」
とは程遠い感じのものでした。
組織があまりにも大きく
なりすぎてしまったからでしょうか。

 

それならば、
むしろ「兄さん」と呼ばれる
先輩芸人さんの方が
「家族」を感じさせる発言でした。
「お笑いファースト」という
価値観で行動されているので
軸がブレませんよね。

 

もちろん、
今回の騒動は本人達も
語っていたように
「ウソをついたこと」が
大騒動になった原因です。

 

でも、後悔先に立たず。
起きてしまったことは
仕方ありません。
大事なのは、
これからの行動でしょう。

 

先日の会見がきっかけとなり、
多くの人にメッセージが
届いたことで、
事態が動き出しそうです。

 

間違いがあったとしても、
挽回するチャンスが与えられる、
そんな風になるといいな、
と思いました。

 

本日も最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。

税理士 / キャッシュフローコーチ
齋藤泰行(さいとうやすゆき)
URL   :https://saito-tax.com/
メール:info@saito-tax.com

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© サイトウヤスユキ税理士事務所 , 2019 All Rights Reserved.