【マネー】X【 ビジョン】の戦略パートナー|横浜市青葉区 たまプラーザ、あざみ野、港北ニュータウンを拠点にサービスを提供しています。クラウドを活用した効率化も得意。

「医療費控除」が自動化される⁉ 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

(Vol.594/607)

 

所得税の医療費控除の手続き
が簡素化されるそうです。

 

政府は家族の医療費が一定額を超えた場合に税負担を軽くする医療費控除の手続きを全ての人を対象に自動化する。マイナンバーカード活用の新システムで1年間の医療費を自動計算して税務署に通知する仕組みで、2021年分の確定申告をメドに始める。確定申告の簡素化を実感させて、公的サービスの電子化を一段と加速する。

政府は行政手続きを簡便化するデジタル社会を構築し生産性を向上させ経済成長を高める狙いで、マイナンバーカード普及をその中核とする。21年3月にマイナンバーカードを健康保険証として利用できるようにし、新システムでは保険診療のデータを持つ社会保険診療報酬支払基金と国民健康保険中央会のシステムを政府が運営する「マイナポータル」のシステムと繋ぎ、国税庁のシステムとも連携し医療費控除の申告を完全自動化する。

(日経新聞 2019年4月17日)

 

マイナンバーで情報を
管理しているわけですから、
こういう公共サービスの
向上はありがたいですね。

 

「完全自動化」とありますが、

・保険診療以外の医療費はどうするのか?

・交通費はどうするのか?

・高額療養費や保険給付の処理はどうするのか?

など、「自動」ではできないことも
ありそうですが、簡便化されることに
間違いありません。

 

じつは、実務家としては、
医療費控除は厄介な制度です。

 

説明は案外めんどくさいし、
医療費の線引きも
曖昧なところがあり
判断に困ることもあります。

 

これを機にマイナンバーから
取り込んだデータだけを
医療費控除の対象にする、
みたいになれば
かなり実務的に作業が
軽減されてありがたいのですが。
(まあ、納税者不利みたいなこと
にはならないか)

 

いづれにしても、
運用予定は2021年から
だそうですから、
今後の進展に注目ですね。

 

本日も最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。

税理士 / キャッシュフローコーチ
齋藤泰行(さいとうやすゆき)
URL   :https://saito-tax.com/
メール:info@saito-tax.com

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© サイトウヤスユキ税理士事務所 , 2019 All Rights Reserved.