【マネー】X【 ビジョン】の戦略パートナー|横浜市青葉区 たまプラーザ、あざみ野、港北ニュータウンを拠点にサービスを提供しています。クラウドを活用した効率化も得意。

渋野日向子選手から学ぶ「場づくりの基本」 ○○が大事ですね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

(Vol. 706/730)

 

先日、全英女子オープンを
優勝した渋野日向子選手。

 

本当にすばらしいですね。

 

正直、最終日に
首位陥落した時は
「やっぱりだめか」
と思ってテレビを消しました。

 

でも、そこからの追い上げが
すごかったですね。

 

最後まで笑顔を忘れずに
モグモグしながら
マイペースのゴルフ。

 

渋野選手は
1998年生まれですから、
いわゆる「ゆとり世代」。

 

この世代はスポーツでの
世界的な活躍が
本当に目覚ましいですね。

 

環境の影響力 コーチのいる環境が成果につながる

 

さて、そんな渋野選手ですが、
他の日本人選手に同行していた
とあるプロコーチは
彼女をこう評しています。

 

あの笑顔はもちろん、どんなときでも挨拶が素晴らしい。

そして真っ向勝負できる度胸とフェアプレー精神。それらはすごく人を引きつける。

だからギャラリーは日に日に増えていきましたし、英語が話せなくとも同組の選手も渋野さんのプレーを見守り、時には応援までしてくれた。

そういった彼女の魅力が“やりやすい”環境を作ったと思います。

 

つまり、自分がプレイしやすい
場の雰囲気が醸成されていた
というわけです。

 

確かに、笑顔で絶やさない半面、
勝負所では果敢にチャレンジする
姿勢に周囲の人は
彼女を応援したくなりますよ
ね。

 

そして、そういう場づくりにより、
ますますプレイしやすくなる
環境がつくられる。
そんな好循環が生まれていた
ように思います。

 

今回の彼女から見習うこと。
それは、やはり笑顔の大切さでしょう。

 

「Smiling Cinderella」
と称されたように
笑顔で全世界の多くの人を
虜にしましたからね。
(もちろん、実力ありきですが)

 

彼女は、まだ20歳。
これからの世界での活躍と変容進化。
大いに注目ですね。

 

本日も最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。

税理士 / キャッシュフローコーチ
齋藤泰行(さいとうやすゆき)
URL   :https://saito-tax.com/
メール:info@saito-tax.com

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© サイトウヤスユキ税理士事務所 , 2019 All Rights Reserved.