【マネー】X【 ビジョン】の戦略パートナー|横浜市青葉区 たまプラーザ、あざみ野、港北ニュータウンを拠点にサービスを提供しています。クラウドを活用した効率化も得意。

結果の出る組織になるにはどうしたらよいか?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

(Vol. 673/730)

「組織の成功循環モデル」
って聞いたことあるでしょうか?

 

マサチューセッツ工科大学の
ダニエル・キム教授が
提唱しているお話です。

 

有名な話なので、
研修や本などで
見たり聞いたりしたことが
あるかもしれませんね。

 

「組織の成功循環モデル」
のイメージはこんな感じです。

 

この組織の成功循環モデルは、
「どこを起点に考えるか」で
「グッドサイクル」と
「バッドサイクル」の
2つのサイクルがあります。

 

バッドサイクルは、
「結果の質」だけを求めます。

 

結果だけに着目しても、
なかなか成果は上がりません。
結果として次のような
サイクルをたどります。

 

成果が上がらない(結果の質)

  ↓

対立する、押しつける、命令する(関係の質)

  ↓

考えない、受け身で聞く(思考の質)

  ↓

自発的、積極的に行動しない(行動の質)

  ↓

成果が上がらない(結果の質)

  ↓

関係が悪化する、なすりつけあい(関係の質)

 

と、どんどん状況は
悪化していきますね。

 

グッドサイクルは、
「関係の質」を高める
ところから始まります。

 

お互いに尊重し、一緒に考える(関係の質)

      ↓

気づきがある、自分ごととして考える(思考の質)

    ↓

自発的に行動する(行動の質)

    ↓

成果があがる(成果の質)

    ↓

より信頼関係が高まる(関係の質)

 

このようなサイクルを経て、
成果の上がるチームになっていきます。

 

まずは、「関係の質」を高めて
グッドサイクルの組織を目指すこと
が大切なわけです。

 

成果を出すには
遠回りのように思える
かもしれませんが、
「急がば回れ」ですね。

 

最近、停滞感や成果があがらない
といったお悩みがある場合、
もしかしたらバッドサイクルに
はまっていたりしないでしょうか?

 

「結果」起点になっていないか
チェックしてみてください。

 

では、バッドサイクルに
当てはまっていた場合、
どうすればいいんでしょうか?

 

答えは簡単ですよね。

 

まずは
「関係の質」を見直すことから
始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

本日も最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。

税理士 / キャッシュフローコーチ
齋藤泰行(さいとうやすゆき)
URL   :https://saito-tax.com/
メール:info@saito-tax.com

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© サイトウヤスユキ税理士事務所 , 2019 All Rights Reserved.