【マネー】 X 【 ビジョン】の戦略パートナー

freee攻略の第一歩 まずは【口座】の理解から始めましょう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

横浜 青葉区の税理士の齋藤です。

freeeは【口座】の理解をなくして上手く使いこなすことができません。
まずは【口座】をしっかりと理解することから始めましょう。

freee-logo

freeeの【口座】とは

通常、口座と言えば、銀行で開設した口座のことを指します。

しかしfreeeの【口座】は、freee独特の概念で大きく以下の4種類のことを指します。

img_1916

freeeでは【口座】を登録し、資金の出入りを管理します。

 

登録できる口座の種類

freeeに登録できる口座は次のようなものです。

現金

現金は、はじめから口座として登録されています。
ただ、自動化を目指すなら、なるべく現金の使用は避けたいところです。

銀行口座

自動化を目指すならば、銀行口座はネットバンクにする必要があります。

クレジットカード

自動化を目指すならば、可能な支払いはクレジットカードでおこないます。

その他

上記のほか、例えば、次に様なものが【口座】となります。

  • 決済サービス・・・Airレジ、Square、Amazonセラーセントラルなど
  • 電子マネー・・・Suica、nanacoなど
  • ショッピングサイト・・・アスクル、Amazonなど
  • その他の連携サービス・・・misocaなど

 

むすび

freeeでは、ネットバンク、クレジットカード、
その他サービスのログイン情報を入力することで、
それらのサービスの利用履歴を自動で取り込めます。

自動化を目指すならば、【口座】の情報を上手く取り込めるよう
設定・調整していくことが肝要です。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© サイトウヤスユキ税理士事務所 , 2016 All Rights Reserved.