【マネー】X【 ビジョン】の戦略パートナー|横浜市青葉区 たまプラーザ、あざみ野、港北ニュータウンを拠点にサービスを提供しています。クラウドを活用した効率化も得意。

「家賃の前払い分はどう処理すればいいですか?」

 

この記事を書いている人 - WRITER -

(Vol. 644/730)

 

 

先日、会計処理について
こんな質問を受けました。

 

店舗の家賃は、どう処理すればいいですか?

 

通常、翌月分の家賃を
前月末までに支払う契約が
一般的です。

 

例えば、
2019年6月分の家賃ならば、
2019年5月末までに支払う、
みたいな契約ですね。

 

前払処理する方法

契約書通りに処理
するのであれば、
前払処理です。

 

支払うときは前払費用、
翌月に賃借料に振り替える方法です。

 

支払い時:
前払費用100 / 現預金100

 

翌月の振替時:
賃借料100 / 前払費用100

 

経理部門がある会社では、
こんな会計処理をしています。

 

簡便的な方法

前払処理の場合、
「前払処理→家賃への振替」
と2段階の処理になります。
少し手間ですよね?

 

中小企業であれば、
簡便的に処理をする方法が
よく使われています。

 

期中は現金主義で処理し、
決算時に前払費用に
振り替えるという処理です。

 

支払い時:
賃借料100 / 現預金100

 

翌月の振替時:
なし

 

決算時:

・前期から繰越された前払費用を賃借料に振替
賃借料100 / 前払費用100

・翌期分の支払い分を前払費用に振替
前払費用100 / 賃借料100

 

 

むすび

どちらの方法であれ、
1年間の結果は
同じになるはずです。

 

12ヶ月分の家賃が
PLに費用計上されて、
1か月分の前払家賃が
BSに資産計上されている
ことになります。

 

いづれにしても、
期中の処理がやりやすく、
経営数値として使いやすい方法
であればいいと思います。

 

本日も最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。

税理士 / キャッシュフローコーチ
齋藤泰行(さいとうやすゆき)
URL   :https://saito-tax.com/
メール:info@saito-tax.com

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© サイトウヤスユキ税理士事務所 , 2019 All Rights Reserved.