【Excel エクセル】行・列の挿入、削除のショートカットキー

 

エクセルで作業すると、行や列を挿入したり、または、削除したりは頻繁に出てきますよね。これらもショートカットキーを覚えると素早く作業できます。

【お知らせ】
横浜市青葉区の税理士斎藤です。
税金・経理・お金のお悩みがありましたら、ご相談ください。

斎藤泰行税理士事務所サービスメニュー

お問い合わせ

行・列の挿入

行や列を1つ挿入するショートカットキーです。

ショートカットキー(操作)

CTRL+SHIFT + ;(+)

解説

右クリック→挿入、としていませんか?

これはエクセルで本当によく出てくる作業ですからショートカットで効率化しましょう。「+」だから挿入と覚えます。

 

行・列の削除

行や列を1つ挿入するショートカットキーです。

ショートカットキー(操作)

CTRL+ -(マイナス)

解説

これもよく使いますから、行や列の挿入とセットで覚えましょう。

 

【参考】行と列、どっちが縦でどっちが横?

行と列、どっちが縦でどっちが横かわかりますか?

行は横に二本線があるから横、列は縦に二本線があるから縦、と覚えます。

結論、「行は横」「列は縦」です。

 

むすび

行・列の挿入・削除はよく使うショートカットキーです。これだけでも効率化が見込めますからしっかりと覚えましょうね。

ひとつひとつは小さな効果かもしれませんが、塵も積もれば山となる、です。

 

 

Copyright© 斎藤泰行税理士事務所 , 2017 All Rights Reserved.