税務調査までにこんな書類を準備する

 

横浜市青葉区の税理士斎藤です。

税務調査の日程が決まったら、
調査に必要な書類や資料を準備します。

どんな書類が必要なのでしょうか?

 

税務調査で必要な書類

税務調査で必要な書類は、
業種などで異なります。

一般的に以下のようなものです。
通常、3期分の資料を準備します。

帳簿関係

・総勘定元帳
・現金出納帳
・売掛帳
・買掛帳など

売上げ関係

・請求書
・領収証
・納品書
・見積書
・契約書など

仕入れ関係

・請求書
・領収証
・納品書
・見積書
・契約書など

経費関係

・請求書
・領収証

棚卸関係

・棚卸表

預貯金関係

・預金通帳
・手形、小切手のミミなど

人件費関係

・源泉徴収簿、扶養控除等申告書
・出勤簿、タイムカード
・役員報酬や役員退職金関係の資料
・社宅関係の資料など

その他

・税務申告書類の控え
・税務届出書の控え
・賃貸借契約書
・リース契約書
・保険証書
・旅費規程等の社内規定
・会社の概要がわかる資料(パンフレットなど)
・定款、登記簿、総会の議事録など

 

必要に応じて提示すればいい

税務調査の書類を3年分集めるとかなりの量です。

これらをすべて調査官に
提出しなければならないのでしょうか?

いいえ、準備したものをすべて
調査官に見てもらう必要はありません。

提示を求められたら、
その都度差し出せば問題ありません。

 

準備時にあわせてやるべきこと

まずは、書類関係に不備がないか、
念のため確認しましょう。

また書類に付箋やメモ書きなどがあれば、
あらぬ疑いをかけられるのは避けたいもの。

付箋は外しておき、
紛らわしいメモ書きは
消しておいた方がいいと思います。

 

むすび

税務調査の書類準備は、
かなり骨の折れる仕事です。

調査日程が決まったら、
早めに取り掛かりましょう。

そして、調査の前日までに
しっかり準備しましょう。

調査官から資料の提示を求められた際
「あれもない、これもない」では
心証が悪くなってしまうので。

 

 

Copyright© 斎藤泰行税理士事務所 , 2017 All Rights Reserved.