2017/05/23

税務調査のおおまかな流れ

 

横浜市青葉区の税理士斎藤です。

事業を続けていくと、
税務調査は避けて通れません。

とはいえ、税務署から
『税務調査に入ります』と連絡があれば、
経営者の方は不安に感じたり、
身構えてしまうかもしれませんね。

でも、”税務調査”を
必要以上に恐れる必要はありません。

まずは、税務調査のおおまかな流れを
見ていきましょう。

 

事前通知

税務調査がおこなわれる場合、
税務署から納税者とその税理士に
電話があります。

調査日時、対象税目、
対象期間等の連絡があり、
調査の日程調整をおこないます。

 

実地調査

事前通知に基づき、
実地の調査がおこなわれます。

会社概要のヒアリングから始まり、
帳簿、領収書、請求書、契約書
などのチェックがおこなわれます。

取引内容について
調査官から質問があれば、
それについて説明をおこないます。

最終日の夕方に調査官から
今回の税務調査の講評がおこなわれます。

 

申告内容に誤りなし

実地調査の結果、
申告内容に誤りがない場合、
更正決定等をすべきと認められない旨
の通知書が送られます。

税務調査は終了です。

 

申告内容に誤りあり

実地調査において、
申告内容に誤りが認められた場合や
申告もれが発覚した場合は、
修正申告等の勧奨がおこなわれます。
(修正申告等をするように指導されます)

修正申告の勧奨を受け入れる場合

修正申告、または、
期限後申告をおこないます。

納得できず修正申告しない場合

税務署が更正します。

更正とは、
税務署が税額を決める手続きのことです。

 

まとめ

まずは、税務調査のおおまかの流れをみました。

これから細かな論点を見ていきます。

 

 

Copyright© 斎藤泰行税理士事務所 , 2017 All Rights Reserved.