融資を申し込むとき、金融機関にかならず聞かれる7つの質問とは?

 

横浜市青葉区の税理士斎藤です。

金融機関に融資を申し込むと、かならず7つの項目について聞かれます。しっかりと準備しましょう。

融資稟議書を作成するため

金融機関の担当者が、取引先の経営者から、融資の申込を受けたときに、必ず聞く項目があります。

それらの項目とは、1借入希望金額、2希望利率、3実行予定日、4貸出期間、保全、6資金使途、7返済資源 の7つです。 金融機関が融資をする際に、担当者は融資稟議書を作成します。 その融資稟議書に必ず記載しなければならないのが、上記7項目なのです。

 

 7つの項目について

借入希望金額

経営者が必要としている金額です。実際に金融機関に融資を申し込む際は、少し多めに言ったほうがいいでしょう。

希望利率

借り入れるときの金利です。「希望」利率なので、低めに言っても大丈夫です。 (ただし、あまりにも常識外れの利率を言うと、相手にしてもらえません)

実行予定日

融資をしてもらう日です。実際に、その資金が必要になる1週間前ぐらいにしておくこと。 ギリギリの日程を伝えると、審査が間に合わなかったときに大変です、、、

貸出期間

借りた金額を返済する期間です。長めにしておけば、毎月の返済額は少なくなります。

保全

借りたお金を返せないときに、金融機関が、その資金を回収する方法です。 「担保」とか「保証人」になります。 融資を申し込むときは、「無担保・無保証人で」と希望しましょう。

資金使途

「借りたお金を何に使うのか」を伝えます。 設備投資に使うのであれば、見積書が必要になりますし、運転資金に使うのであれば、 資金繰り表が必要になります。

返済資源

「どうやって、借りたお金を毎月返済していくのか」何故、この会社は、借りたお金を返済できるのか を伝えます。

 返せる理由を明確にする

この7つの中で、金融機関がいま一番重要視していることは、返済資源でしょう。

返済資源とは、すなわち「返せる理由」。

「返せる理由」が明確であれば、金融機関は不安を感じることなく、融資をすることができます

 むすび

お金を借りたいと考えている経営者ならば、上記の7つの項目に対する答えはしっかりと準備しておくべきです。

逆にうまく答えられないようであれば、融資はしてもらえないものと思った方がいいかもしれません。

 

 

Copyright© 斎藤泰行税理士事務所 , 2017 All Rights Reserved.