2016/11/01

freeeの口座残高が合わない?! 初期設定で開始残高の登録をしましたか?

 

横浜市青葉区の税理士齋藤です。

freeeで口座の登録をした。同期はした。自動で経理の登録もした。
だけど残高が合わない、、、

そんな場合、まずは開始残高の登録が正しいのか、を確認してみましょう。

 

開始残高とは

会計では会計期間(基本1年)で区切って経理の処理をします。
(個人なら1月1日〜12月31日、法人は任意)

預金などの資産、借入金などの負債、資本金などの資本は、
決算が終わると、末日の数値が翌期間に繰り越されます。
(個人で言えば、12月31日の数値が翌年1月1日に繰り越される)

この繰り越された数値を開始残高(期首残高)と言います。
なお、創業年度の場合は開始した時の数値を開始残高になります。

 

開始残高の設定

freeeの利用初年度は、「設定」→「開始残高の設定」で設定します。

今期から事業を始めた場合、前期の決算書(貸借対照表)がある場合、
他社の会計ソフトから乗り換えの場合、という案内がありますので、
それぞれの指示に従って設定していきます。

kaishizanndaka

 

むすび

損益計算書(PL)は単年度で完結する数値ですが、
貸借対照表(BS)は事業を続ける限りは継続している数値です。

なので開始残高が正しく設定されないと、数値がつながらず合わないのです。
(12/31にあった預金100万円が翌日1/1に0円になったら困りますよね)

期中に主たる口座の残高が合っているかを確認するだけでも、
決算時の処理が楽になると思いますよ。

 

 

 

Copyright© 斎藤泰行税理士事務所 , 2016 All Rights Reserved.