2016/10/25

銀行からお金を借り入れたら 銀行借入金にまつわる会計処理

 

横浜 青葉区の税理士齋藤です。

事業をはじめるにあたり、自己資金にプラスして、
銀行から融資を受けることがあります。

会計上はどのように処理するのでしょうか?

 

借り入れた時の会計処理

銀行からお金を借り入れると、
印紙代、保証料が差し引かれて入金されます。

借入金

借入金は、返済期間が1年以内のものを「短期借入金」、
1年超のものを「長期借入金」とに区分けされます。

実務上は、長期で返済する借入金ならば、
「長期借入金」として1本管理しても問題ないように思います。

別途融資を受ける場合や他行から借り入れる場合は、
補助科目を使用して契約ごとに管理します。

印紙代

印紙代は租税公課として経費処理します。

保証料

保証料は、支払手数料として経費処理します。

ただし、一時の経費とはならず、
返済期間で按分した金額が経費となります。

会計上は、1年以内に経費になる分を「前払費用」、
1年を超えて経費になる分を「長期前払費用」とします。

会計処理の例

借入金100,000円、印紙代100円、保証料1,200円の場合(借入期間は10年)

<仕訳>

現金預金 98,700円    /  長期借入金 100,000円
租税公課 100円
長期前払費用 1,200円

 

月々の返済した時の会計処理

銀行が作成した返済表にしたがい、
元本と利息を合算した金額が引き落とされます。

会計処理をしたのちに、返済表の元本残高と
BSの長期借入金残高が一致することを確認しましょう。

会計処理の例

元本返済900円、利息100円の場合

<仕訳>

長期借入金 900円 / 現金預金 1,000円
支払利息 100円

 

決算時の会計処理

保証料の振替処理をおこないます。

会計処理の例

保証料のうち12ヶ月分(120円)が経費処理となる

<仕訳>

支払手数料 120円 / 長期前払費用 240円
前払費用 120円

*来年の経費処理分も振替える

 

まとめ

借入金の返済は、キャッシュの支出があるものの経費にはなりません。
経費になるのは支払った利息部分だけですので注意しましょう。

 

 

Copyright© 斎藤泰行税理士事務所 , 2016 All Rights Reserved.